ラワン材



DSC_0727blog.jpg
DSC_3062.jpg
DSC_3073.jpg

[ ラワン材 ]
フタバガキ科、南洋材の広葉樹。巨木で成長が早いことから、建築材としても、床の下地などに使われる合板や、ランバーコアなど、高度成長期頃から日本で多く流通してきました。「ラワン合板」というと耳馴染みがあるかも知れません。
この現場では、床のしつらえなどがトラディショナルな仕様のため、できるだけ木目のない材が相性がよいと判断しレッドラワンの無垢材を採用。
建具や、枠などで用い、それに合わせる形で、造作のキッチンや収納などを作りました。
ラワン合板で、家具を作ると、合板の表情だけが強調されてしまいがちですが、無垢材だと、経年変化で落ち着いたブラウンになり重厚感のある存在になってきます。
近年は、乱伐採によって、無垢材のレッドラワンなどは、ほぼ入手できない貴重な材になりつつあります。




 



木材 2016.03.22 Tuesday

About wood

About wood



木材 2015.09.04 Friday
1


Categories


Archives



Copyright © 2015 WE INC. KOJI MORI ARCHITECT OFFICE All Rights Reserved.